FC2ブログ
旅行記はちょっとお休み


玄関出てすぐ見つけられる秋。

新潟県民の毎年の恒例行事、「タイヤ交換」。
午前中に済ませて空気圧もちゃんと確認して、冬準備はこれでOKになりました。
(どれもこれも自分ではできないですけど。)
実は夏タイヤがすり減って溝がなくなってしまってたのでおそるおそる運転してたんですよ…。
交換できてちょっと安心しました。
もちろん夏タイヤは処分。


今日は気持ちのよい晴れだったのでわたしの好きな公園に行ってきました。
ちょっと遠い場所ではあるけど、広々してるし木々がたくさんあるから好きなんです。
(新しい公園だからまだ育ってなくて植物も小さいし、今時期なんてほぼ枯れ木だけどね

最近見かける公園でできるエクササイズ(Instagramにしか写真載せてない)もやってたのしかった!

Days | Comment(0) | Trackback(0)


終わりました。
最後の日を迎えました。
もうね、ぐったり。
久しぶりに4時台に起きたっていうのもあるかもしれないけど、朝からいろんな人に会って気が張ってたんだと思う。
18時頃帰宅したんですが、顔洗うのもコンタクト外すのも面倒に感じるくらいぐったりして、それでもなんとか支度をして21時前には寝ちゃってました。

…辞めるのってエネルギー要るね。
辞めることを切り出すまでもそうだけど、実際告げてからもいろんな人と向き合って話さなければいけなかったり、お別れすることでいろんな感情が動いたり。
わたしの場合、父親の入院騒動もあったからなおさらかな。
8月までは50kgほどあった体重が1.5~2.0kgほど減りました。

ああ、疲れた。

ちなみに最終日当日(一昨日)は、朝から3店舗をまわり、最後に自分の部署へ行きました。
3店舗というのは、通常業務で接することが多かった店舗なんですが、1つはあの日泣きながら話した営業さんのところ。
1つは、事前に退職を告げはしなかったけど、わたしを頼ってくれた人の多い店舗。
最後は、わたしが岡山県にいる間、同じ部署の先輩から「Kさんが辞めたこと知ってかなりびっくりしてたよ。携帯に必ず電話くれって言ってた。」とメール連絡を受けたんですが、そのKさんがいる店舗。
みんな店舗に常駐しているわけじゃないから、会えたらいいな~くらいのつもりで行ったんですが、見事にみなさん不在でして。笑
Kさんだけはお店から電話してもらってそこであいさつを済ませましたが、あとの2つは後日再訪することにしました。

そして最後に自分の部署。
1ヶ月ぶりに行く場所は、もう毎日通勤していたと思えないくらいなじみのない場所になっていました。(わたしの気持ちの問題)
それでも、15時の休憩時間に合わせて到着して30分くらいで退散…なんて考えていたはずが、まさかの退社時間までたっぷり2時間半みなさんとお話することになりました。

先月からの喉風邪がまだ続いているわたしを見て、みなさん「咳してる!」「風邪ひくなんて!」という反応。
仕事辞めて熱出してずっとこんななんです~と言うと、みなさん驚いていました。
それくらい体調くずすことが珍しく、一度たりとも病欠しなかったんです、わたし。
それが今では毎日げほげほ咳してマスクしてるんだからね。
今回のことが心身に与える影響は大きかったみたいです。

あと。
“わたしが本来見るはずのなかったメール”は、あの日の休日出勤の当番さんが印刷してわたしに渡してくれました。
ありがとうございました、本当に。
---------
というわけで、無職になりました。
わたしと兄貴(仮名)の間に“同僚”という関係性がなくなりました。
なぜか 働いていたい っていう気持ちはずっとあるので、時間かけて次を探そうと思います。

…見つかるかな!

バジル
13日より、バジル育て始めました。

Days | Comment(0) | Trackback(0)

最後の通常出勤日

ちょうど一ヶ月前。
残っている通常業務もあるわ、自分の席の後片付けも全部やらなきゃだわ、だけど送別会があるから残業するわけにもいかないわ…という慌ただしい一日でした。
結局最後の日までやりたいこと(環境整備とか)全部なんてできなかったけど、ここまできたらもう諦めです。
その日やらなければならないことだけをきちんとやることにしました。

…と言いつつ、“最後だから”と周りの人たちと話す時間が多くなってしまって、ただただ時間だけが過ぎて行ったような気がします、実際は。

夕方。
同じ仕事をしているパートさん(50代の女性)が帰る時間になりました。
同じ部署の中では一番新しく入った方ですが、その短い期間でもとてもお世話になった方でした。
あの場所で会うのは最後だからどうしてもお見送りしたくてわたしも外に出たはいいけど、結局2人で話しているうちにこらえきれなくて途中からぼろぼろ泣き出してしまいました。
そんなわたしを見て、その方も涙していました。
「いろいろ大変だったと思う。ひとりで全部抱えてるようなかんじがしたから。」
「仕事教えてくれたのがあなたじゃなかったらやってこれなかったと思う。」
と、その方は言っていました。
わたしみたいな文句ばっかりいっちょ前な小娘に仕事教えられるのもいい気しないだろうな…って思っていたけど、そんなことを言ってもらえて恐縮する気持ちでいっぱいになりました。

退社時間。
身の回りの整理だけでもしっかりしていきたい、と思ってはいたものの、ばたばたして終わって結局わたしが最後に職場を施錠して出るかたちになってしまいました。
最後の最後、パソコンを消す前にわたしはまたメールを1通送りました。
宛先は2名の営業さん。
わたしは誰にも退職のことを告げてはいなかったけど、諸々の理由から感づいて声をかけてきた方が2人いたのです。
その方たちにも電話であいさつできれば一番よいことはわかっているけど、もう自分が泣いてしまうのは目に見えていたからまたメールで、しかも帰る直前にしました。
『直接話すのが苦手なので、メールで終わらせてしまう非礼をお許しください。』と本文に書き、直筆のメッセージは前日と同じように画像で添付しました。
これがわたしの最後の一仕事でした。

夜。
部署の方から送別会を開いていただきました。
人生初の送られる側でした。
わたしみたいな何もできない人間が入ってきてさぞかし不安に思っただろう先輩方に
「いなくなってからの部署を想像できないよ」
「不必要なことはやらない!捨てる!って言って、いろいろ変えてきてくれたから功績は大きいと思う」
って言っていただきました
(周りはみんな年上だし先輩なのに、あれしろこれしろとうるさい人間だったと思います…。)

思いがけない人からプレゼントをいただいたりして、本当に感謝の気持ちしかない日でした。
あたたかい気持ちで帰路につきました。

翌朝の土曜日。
いつもどおり早い時間に目覚めました。
(仕事をしていた頃、毎朝4:45~5:15には起きていました。)
もう今日からあの場所で仕事しなくていいんだ…休日出勤もしなくていいんだ…でもわたしがいなくなることで休日出勤を強いられる人も出てくるんだよなあ…と思わずにはいられませんでした。
と同時に、思い出されるのはばたばたしすぎてパソコン内のあれもこれも消し忘れてきたな…ということ。
悩んだ末、休日出勤の当番さんが来る前にもう一度整理してくることにしました。
急いで支度をして誰もいない職場に到着。
当番さんが早めに来るといけないから作業もまた慌てながらでしたが、思い出した部分については全部消去してきました。
(IEにバラの育て方のホームページとかブックマークしたままだったよ。笑)

そしてメールソフトを開いたとき。
わたし宛に返信が来ていました。
2人の営業さんから連名で来たものでした。
送別会の時間に来たメールだったから本来はわたしがもう見ることのなかったものです。
もう会うことも話すこともないのにただメールを送りつけてさよならをした人からです。
それなのに…とてもあたたかい内容のメールでした。
携帯から長々と打ってくれたわたしを応援するメールでした。
朝の事務所でまたほろりと涙が出ました。

わたしは自分なんて不器用で人付き合いも本当に苦手で、社会人や会社勤めに向いている人間とは程遠いと思っているけど、それでもこの何年かの間にほんの少しでも役に立てたのかなあ…という気がしています。
明日は契約終了の日です。
最後なので1ヶ月ぶりにみなさんのところへ行ってきます。

Days | Comment(0) | Trackback(0)

最後の出勤日の前に

最後の出勤日の3日前。
夜にうっかりYouTubeで道重さんの卒業ライブなんか観てしまい
この時点で少し涙もろくなってしまっていました。
“毎日当たり前のように行っていた場所にもう行かなくなるんだ”
“居場所がなくなるんだ”
“最後まで出来る限りのことはしよう”
そう思っていました。

2日前。
いなくなるとしても、誰にも言わずに去ることができたら一番楽だ。
あいさつなんてきっとできない。
なぜなら泣いてしまうから。

だけど、わたし指名で仕事の依頼をしてくれていた人も何人かいる。
その人たちの前からぱっと消えていいんだろうか?

言いたいけど言えないまま定時になってしまい、周りのみんなが帰りました。
わたしと兄貴(仮名)とが事務所に残りました。
そこで、わたしは便箋に自分の字で書くことにしました。

「来月で退職することになりました。
通常出勤は明日で最後になります。
今までお世話になりました。
本当にありがとうございました。」

事実と一言のお礼しか書かないままでしたが、この拙い文を画像にして、一番わたしを頼ってくれていた人の個人アドレスに送りました。
(業務上でその人の個人携帯のアドレスも使っていたのです。)

その後、すぐに電話がかかってきました。
…泣かれました。
その人は、わたしと10歳は年が離れていると思われる3人の子持ちのお父さん。
かなりショックだったらしく、「この職場に入って初めて泣いた」と言われました。
わたしだけじゃなく兄貴(仮名)もいなくなることを知り、悲しみながらも2人にとても温かい言葉をかけていただきました。
「何かあったら駆けつけるから、俺の番号とっておきな!」と言ってくださいました。
わたしも喋りながらずっと号泣でした。
泣きながら、そのうちあいさつに行くことを告げました。

…その日は家に帰る間も帰ってからもずっと涙が止まりませんでした。
翌朝になっても止まりませんでした。
涙腺がおかしくなってしまったと思われるくらい、ずっと泣けていました。
目を腫らしたまま最後の日を迎えました。

(10/2 国営越後丘陵公園のコスモス)

Days | Comment(0) | Trackback(0)

再び内科受診


再度同じお医者さんのところへ行ってきました。
さすが土曜日、混んでる混んでる。
診療時間は13時までなのに、最後まで残っていたわたしが終わったのは14時半でした。
小説140ページも読み進められました。

「せっかく来たからレントゲンと採血検査するか」と言われ調べてもらった結果、
「肺の病気は見られないから気管支炎なんだろうけど
重症だからあんまり活動しないでね、休んでてね」
とのことでした。

毎日熱も上下してる話もしたところ、
「なんか悩み事ある?悩み事あっても熱出るからね」
と言われてしまいました。
ははは。
(ちなみに今日の午前中は36.5℃、医者に着いて測ったら37.3℃でした。)

仕事辞めたことでわたしの中の何かがぷっつりと切れてしまったんだろうか。
なんて話を医者を出てから兄貴(仮名)としていました。

だとしたらめちゃくちゃ情けないなあ、なんて思っちゃうけど
こうなってしまったのは仕方ないもんね。
気長に治すしかないね。

幸い身体もだるくないので
その後は初めてマツモトキヨシ内の薬局で薬を受け取り
(内科併設の薬局はもう閉まってる時間帯で処方箋出せなかった)
ビックカメラで少しお買い物をして
今日締切だった来春のback numberライブのチケット代振り込みを済ませて帰ってきました。

あ、わたし一昨日からiPhone7 plusになりました。
本当は水曜日の午前中に届いてたんだけど
その日一番熱が上がった日で頭も痛かったから放置してたんです。
木曜日になんとか設定をして、多少不具合が生じてたiPhone6 plusとおさらばしました。

6で撮った写真で載せてないのもたくさんあるからまだまだ載せますけどね。

そんなかんじで。
今日はもうおふとん入ります。
おやすみなさい。
(と言いつつ「愛していると言ってくれ」観るんだけど。)

Days | Comment(0) | Trackback(0)

2016.09.13

本日やっと事態が動きました。
わたしと兄貴(仮名)の退職は受理されました。
ただ、日付が確定していないという何とも中途半端な状態でして…。
わたしの方は願いどおりだと明日から有給消化に入れる形になってしまうため
さすがにそれは早すぎる!とのことで少し先延ばしになる予定です。
それが半月か一ヶ月かはまだわかりませんが
遅くとも11月にはおさらばしていると思います。

すべて終えたら兄貴(仮名)と旅にでも出たいな。
たぶん願望だけで終わるけど…ささやかな夢です。

Days | Comment(10) | Trackback(0)

2016.09.08

驚くほど進展なし、です。
わたしの退職話はどうなってるんだろう。
書面出して一週間だよ。
直属の上司とは話したものの、その後何の動きもないよ。
埒が明かないよ、もう。

いろいろな思惑が交差してるのも知ってる。
でも人が減れば他の人の動きも変わってくる。
わたしはわたしなりに立つ鳥跡を濁さず…って考えてるんだよ。
今みたいに通常業務毎日続けてるんじゃ話にならん。
この先のこと考えていかなきゃ。
上司みたいに後先考えない行き当たりばったりの配置転換じゃまた同じ問題に直面するだけだよ。

……というわけで。
仕方ないので、先輩たち交えて明日上司とも話すことにしました。
わたし(&兄貴)がいなくなった後の準備しなくちゃ。
ね。

ちなみに兄貴(仮名)は明日退職願出すそうです。

その上での戦いだ。


高校生の頃からCoccoのライブへ足を運んでたはずだけど
真ん中だったり、1階最後列だったり
あまり席には恵まれなかったわたし。
今月の地元ライブで初めて近くで観れます。
“いつかCoccoを前の方で観たい”っていう長年の夢がようやく叶うよ。

6月開催のChage FCイベントでは1列目だったし
Coccoは5列目だし
その翌週のChageコラボライブは4列目だし
今年いいチケットが続けて届くのは
今までどうにかこうにか仕事頑張ってきたわたしへのごほうびなのかな…?
って勝手に思ってます。

いいよね、楽しんでも。
お金は出ていくけど。

Days | Comment(6) | Trackback(0)

2016.09.01

今週初め。
心臓の方の先生に会いました。
人より心臓の動きは悪いけど、24時間心電図をつけて様子を見ても止まるということはなかったし、
今回は意識を失った後階段落下、というわけではなく、
何らかの原因で階段から落ちて意識を失ったのではないか、と言っていました。
車の運転についても、その先生は「今すぐどうこうなることはないと思うから乗ってもよいのでは」と言ってくださいました。
本人も母親もほっとしていました。

また明日、今度は担当の脳外科?の先生の話があります。
あとから母親の主観混じりの言葉で聞くのは嫌なので、わたしも病院へ行って直接先生に会ってきます。
そこでまた何を言われるのやら…。
退院の話出るかなあ…。

fc2blog_201609012253023df.jpg
先ほど書きました。
35年生きてきて初めて書きました。
こういうとき「字がきれいだったらなあ…」と思わずにはいられませんね。
一度練習がてら書いてみて案の定失敗して、2枚目で完璧に仕上げました。
明日提出予定です。

あ。
もういろんなことが起きて何を書いたか何を書いてないかもわからなくなってますが
昨日兄貴(仮名)も退職の意思を上司に告げたそうです。
(引継ぎ等のこと考えて早く言った方がいいとわたしが助言?したせいもある。)
わたしよりは長くいることになると思うけど、彼も年内にはおさらばしそうです。
2人とも岐路です。


:「大宮サンセット」/スピッツ

Days | Comment(2) | Trackback(0)

2016.08.22


昨日食べたジェラート。
ほうじ茶ジェラート目当てで行ったけど
暑い日に食べるさっぱりしたみかんも美味しかった!

…って、昨日はまだちょっと食べられたんだけどなあ。
なんだか疲れて食欲なくなっちゃった。

というのも、タイミング逃してばかりで遅くなったけど、本当はリーダーでなくサブに話したかったけど(リーダー話ぐだぐだ長いから本当に喋りたくない。いや、サブも長いんだけどね、まだましかな、と。)、『辞めたい』って意思表示してみたんです。
昨日の件で早退して病院行かないといけなかったから長々話す時間はなかったけど、案の定変な顔されました。
でももうわたしにあの場にいる気持ちがないのは事実なので、ここで動いてみました。

お盆前にも言えず先週も言えず、結果的に今回の入院騒動と重なってしまったから正直心が疲れたよ。
年中快便なわたしがあまりいい物を出せないでいるし…これも気の病ですかね。

明日は一日きちんと出勤する予定だから何を言われるやら。
戦える?わたし。

Days | Comment(0) | Trackback(0)

2016.08.21


今日父が転んで頭を打って救急車で運ばれ
そのまま入院しました。
救急車に同乗した母から連絡受け
その後すぐにわたしも病院へ向かおうとしたのだけど
兄貴(仮名)が
「焦るだろうから運転させられない。連れてく。」
と言ってわたしを乗せて行ってくれました。
(祖母のときもこう言ってたなあ、兄貴(仮名)。)

結果、さほど大きい傷ではないけど
場所が場所なだけに様子を見るべく入院ということのようです。
明日は仕事だけど早退させてもらって再度病院へ行く予定です。

数日で戻れるといいのだけど…どうなるやら。

Days | Comment(0) | Trackback(0)