霜月と共にさようなら

わたし頑張ったと思う。花を渡す役を頼まれて、「お疲れ様でした」って言えた。人前で泣くのは何とか我慢できた。でも女の先輩は一人泣いていて…やっぱりみんな今回のことで少なからず心を痛めていたんだと思ったよ。

あっという間だったな、本当に。たった数日で全て動いてしまった。呆気ないってこのことを言うんだってくらいの出来事。明日から師走だけどどうなるんだろう。

人前では泣かなかったけど、職場を出てから兄貴(仮名)の前では少し泣いた。兄貴(仮名)も、上司の退職の挨拶のとき「泣きそうになった」って言っていた。

きっと今年は寒い冬になる。

Days | Comment(0) | Trackback(0)

Comment



SUBJECT 
NAME 
BLOG 
PASS 
[管理者にだけ表示を許可] 

Trackback

http://hemp.blog1.fc2.com/tb.php/6526-7d4aa5c7