FC2ブログ
無知と夢中と無茶


「これ何?」「クルトン。パンね。シーザーサラダにもだけど、スープにもよく入っとるやん。スーパーにも売ってるよ。これ大好きなの、わたし。」「へえ。初めての食感かも。」

兄貴(仮名。普段行くのはほとんどラーメン屋。)とシーザーサラダ一緒に食べたことあった気がするんだけどなあ。なかったかなあ。

他にも面白いこと言うから、指摘しつつ「前にも同じ会話したよね」なんて言ったけどさ。おかしなこと言おうが特に気にならないのよね、わたしは。でも兄貴(仮名)が
「例えば隣のテーブルにいる赤の他人に今の話聞かれたとして、“あの人あんなこと言ってたよ”って笑いの種になるかもしれないじゃん?恥ずかしくなったりしないの?」
って聞いてくるんだよね。兄貴(仮名)らしいなあ、こういうとこ。本人も自覚あるとおり、“他人の目が気になる”とことか。わたしがどう思うか気にしたりとか。

でもほんとに気にならないや、わたしは。一日中貧乏ゆすりするような奴だったら嫌気がさすかもしれないけど(※わたしは貧乏ゆすりする人が超絶苦手)、それ以外で呆れたり離れたくなったりする部分てあんまり思いつかないです。

いや、貧乏ゆすりしててもきっと矯正させて一緒にいるな、きっと。
--------
あ、今日がロマンチックサーカスの点灯式みたいです。きらきらし始めたら見てみたいなあ。毎年見てるし。


:「クリスマス・ラブ(涙のあとには白い雪が降る)」/サザンオールスターズ
この曲馴染み深いわあ

Moblog | Comment | Trackback