FC2ブログ
都会の絵の具は青でした

泊まったのはかつて大事にしていた街でした。
1月16日。
元々何しに東京行ったかと言えば、ライブが目的だったんでした。
TRIPLANEのね、45組90名様ご招待プレミアムライブっていうのに当選してね。
おばあ(仮名)と騒ぎながらばたばたと準備して行ってきたんでした。
「今日はどこから来ましたか?」っていう質問が会場であったんだけど、中部地方で当たったのうちらだけだったよ。
中には北海道や九州から駆けつけたファンもいてびっくり。
うちらなんてまだ近い方だったのね。
聴けたのは5曲だけだったけど、今年初のライブはすごく楽しめるものだったよ。
わたしの強運よ、当選させてくれてありがとう!

ライブ後は、予約してたホテルのある街へ即移動。
あちこち歩いて買い物等を楽しんだ後はSUNAさんと合流。
ちょこっと一緒にお茶できればいいなーなんて思ってただけだったのに、予定外の飲み会開催と相成りました。
あの辺で一度も飲んだことがなかったから、なんだか不思議なかんじでしたよ。
アルコール入ったおかげで、「枕が変わると絶対寝れない」と話していたおばあ(仮名)も難なく寝れたようだし。
“ひとりでぐっすり寝ることになるのか…”と思ってたわたしも一安心でした。←枕なんてあろうとなかろうとどこでも寝れる人 
あと、おばあちゃん(仮名)が昼間東京タワーで「ディズニーランド見えないの?」なんて遠くを探してしていたら、夜にSUNAさんがディズニー付近の航空写真を見せてくれてね。
昼間は見えなかったものが、夜ああいうかたちで見れるとはね。
あんな偶然もあるんだね。
うちらの案内とかいろいろ、SUNAさん、本当にありがとうございました!

翌日日曜日は完全フリー。
何の予定もなく、その辺うろちょろしてから帰ろうかー…なんて言ってたんだけど、滞在してたのが友達の住む街だったので、一応挨拶だけでもしておこうかと思い“今近くにいるよ。今回は会えなかったけど、またいつか会おうね。”とだけメール。
そしたらなんと、“今日出かける用事があるからそこ行くんだけど!”と返信が。
その子は友達と会う約束があったからたくさんは一緒にいれなかったけど、なんとか待ち合わせをして駅で数分立ち話ができました。
「そんなに頻繁に街の方出てくるわけじゃないのに、今日はたまたま用があったんだよ!」というその子と「運命だね」なんて話してたんだけど、少しの時間でも顔見れてうれしかったよ。
ありがとうね、なちゅみさん(仮名)。

そしてそして。
おばあちゃん(仮名)もね。
関東方面なんてめったに行かないから、行くときはここぞとばかり友人たちに会いたくなるわたしに付き合ってくれてありがとう。

今回会えた3人も本当にありがとう。
関東方面に出向くと「時間あったら声かけてね」って言ってくれたり、会いに出てきてくれたりするのはうれしいです。
普段離れてるからこそなおさら。
感謝してます。
--------
話は変わって。
当初日帰りも考えてたのに、2日の滞在に延ばしたのはあの街に久しぶりに行きたかったからでした。

かつて遠距離恋愛をしていた街。

遠恋を終わらせてからも2回ほど行ったことはあったけど、今のわたしがあの街に会って何を思うのかずっと知りたくて。
5年以上ご無沙汰している今、懐かしい景色を観てどう感じるのか知りたくて。
おばあ(仮名)を付き合わせてうろちょろしてきたのでありました。

結果。
不思議だけどね、昔より小さく見えました。
幼い頃見たものを大人になってから見て“こんなにちっちゃかったっけ!”って思うのと似た感覚。
なんでだろうね。
当時あまりに大事で、そしてあまりに好き過ぎたからかな。
だから大きく見えてたのかな。
実際は、大人になってから行ってたんだから見えるものたちとの距離は何も変わっていないのに。

あと、行く前はね、“当時はそこの地元人にくっついて歩いてただけだから、わたしひとりで行ったとしても方向も何もわからないんだろうな”って思ってました。
けど、駅構内を歩いてるとき、おばあ(仮名)に「すたすた行くよね」って言われてはっとしました。
覚えていないようで、歩いた場所ってなんとなくでも記憶に残ってるもんだね。
改札とか路線とか、なちゅみさん(仮名)との待ち合わせ場所とか、自然に行くべき方向へ行ってたもんね。

それと、忘れていたはずの発車音もね。
聴くと思い出すね、寂しい瞬間を。
別れ別れになる場所で耳にしていたあの音を久々に聴いたら、少しだけ心がきゅっと締め付けられたよ。

あと、ここだけの話、プレミアムライブで泣きました。
1曲目の「アイコトバ」を聴いてぽろぽろと。
新潟で聴いてても何とも思わなかった遠距離恋愛の曲が、向こうで聴くとあんなに響くなんてね、予想外だった。

…って書くと、なんだかいつまでたっても染み付いたものが抜けてなくて情けない気もするね。
でも、当時の人と一緒にいた感覚は一切なくなってたよ。(ここは予想どおり。)
ただあの街が好きっていう気持ちだけは消えなかったけど。
そして、その気持ちは(当時と比べて多少弱くなりつつも)大切にしたいけど。

ああ、久しぶりに行けてよかった。
今年初めにそういう機会が来たっていうのも運命だったのかもしれない。
今度から、当時とは違ったかたちで大事に思うことにするよ。










ありがとう、横浜。また行くよ。


:「木綿のハンカチーフ」/オトナモード

Past | Comment(2) | Trackback

Comment



SUBJECT 
NAME 
BLOG 
PASS 
[管理者にだけ表示を許可] 

#945 (´ω`)

そこまで横浜に思い入れあったんじゃないかよー(´ω`)
もうあんまり気にしてないようなそぶりしてたくせにー!笑

でも良かったね…音楽とかと同じように、土地と思い出の結び付きってのも体に染み付くものだからね(*´ω`*)
2010/03/21(Sun) | 11:45 | たけ | Edit | Top

#946 

昔は超大事だったよー。
だからこそ反比例で(?)東京ぎらいになっていったんだと思う 笑
でも今は気軽に行ってささっと帰れるようになってたね。
だからもう東京をそこまできらわなくて済むと思う 笑
2010/03/28(Sun) | 03:04 | R | Edit | Top